RSS

外で遊ぶ術はない

最新記事

家出をしたのは、若気の至りだったと思います

家の息子が初めて家出をしたのが、息子が19歳の頃です。
専門学生でしたが、友達とうまくいかなくて悩んでいる時、よく私の実家の父親に相談に行っていました。
私は、息子が3歳の時に離婚したのでおじいちゃんは息子にとって父親みたいな存在だったんだと思います。
しかし、そんなおじいちゃんとも些細な事で口論してしまい、そのまま帰って来なくなってしまいました。

軽自動車に乗っていたので、事故にでも遭ったんじゃないかと心配していると私にだけこっそり連絡をしてきましたが、自分一人でなんとかやっていくからしばらく帰らないとの事でした。
しかし、2年が過ぎようとした頃、以前息子と付き合っていた彼女から私に連絡が来てどうしても息子と連絡をつけたいと言ってきました。
理由を尋ねると息子にお金を貸していると。
私が立て替えれば済む事ですが、その頃おじいちゃんが入院していたので、何かへんな予感がして初めて警察に行って家出人の捜索願を出しました。
しかし、警察から言われた事は、20歳を過ぎた人の捜索は本人が黙っててほしいと言えば、安否だけ教えてくれるだけで場所までは教えてくれないというのです。
それでも息子の写真は渡しておきました。
しかし、警察から捜索するのではなく、何かの事件等で見回っている時に見付かれば声を掛けるだけなので出来る限り、自分達で探した方が賢明だと言われました。
そしてようやく息子が友達と連絡を取っている事がわかってその友達におじいちゃんが入院した事を教えると、とても心配だったのかすぐに帰って来ました。
話を聞くと、ずっと車中生活だったとか。
確かに車の中は物凄い量の生活品でいっぱいでした。
家出とは言え、生活する場所が車中だった約2年間の生活は、息子にとって生きる為の試練だったと思いました。
家出体験記 一番困ることは寝る場所

Comments Off on 家出をしたのは、若気の至りだったと思います

コメントを受け付けておりません。

コメントのRSSを取得する 

コメントを受け付けておりません。

外で遊ぶ術はない

インフォメーション

リンク